ぶんぶくちゃがま

こころにうつりゆく、あれやらこれ。タイトルに意味はありません。何にしようかな?と思った時に、ふと湧き出てきた泉。

次回が正念場。

f:id:mochico-lover:20190219225012p:plain

髪が伸びてきたなぁって思ったので、美容院の話をしようと思う。美容院って……ネタの宝庫だよね?なんか面白い事があると、よっしゃ!とかガッツポーズしたくなるわ。結構、過去には面白いところに当たってきてるよ。

今は、ひとつの所に2年とか通い続けているんだけど、女性にとって気に入る美容院を見つけるのって、結構大変よねぇ。せっかく気に入っている所を見つけても、引っ越したら美容院も変わるしね。基本的に「行きやすい」というのも結構重要だから。あとはお店の「雰囲気」と「技術」は当然だけど、美容師さんとの「相性」。これが一番大事なんだよね。けど、なっかなか巡り合えない。

いまの所は、すげー気に入っているのかっていうと、そうでもない(笑)他がないからって感じ。何様だって自分自身思うけど、それなりのお金を払うわけだから、陰でこういう事くらい言ってもいいと思ってる、陰でね。

私らの業界(リラクゼーション)もそうだけど「指名制度」を美容院も取っているから、結構お客様の求めるハードルって高めだよね。ただ、美容院の指名料は高い(笑)客としては、これだけ追加で払ってるんだから、期待通りしてくれなきゃ嫌よ?くらいの気持ちは生じる。でも、美容師さんは基本的には薄給だって言うよね。カリスマじゃない限り。指名料がなきゃ生活できないって。

ウチのお店に、元・美容師さん(15年ほどのキャリアの韓国国籍の方)が入ってきたんだけど、美容師時代は朝から晩までほとんど休みなしで働く割には……の収入だったし、その大変な生活で身体を壊して入院をしてしまったから退職したって言ってたもん。で、日本人の奥さんのススメで「手に職」はマストだったから、でウチの会社を選んでくれたって言ってた。軍人みたいな、いかつい体型した(趣味:格闘技)彼の身体をぶっ壊すほどのブラック仕事って!!!と、話を聞いて震えたね。

2年くらい続けて通っている今の美容院なんだけど、実はちょっと行きづらくなっちゃって(苦笑)次回が正念場なんだよねー、困った困った。私の中では、まぁ悪くないから……というレベルの美容院なんだけど、去年の初夏にバッサリと切るついでにパーマをかけたんです。そしたら、その時の髪型の評判が結構よくて♡以来ずっと、短めショートなんだけど。

嬉しくなった私は、夏の終わりに再度ネット予約をした際に「空きがあれば、前回担当してくださった方を指名します。空いてなければ別にいいです」という備考欄にメモをつけて(名前覚えてもなかったw)指名はつけずに(リラクゼーションは最後まで1対1だけど、美容師さんは複数のお客様を同時にやるから)予約したんだよね。で、実際に来店したら、その担当美容師さんは(指名つけた事に)とても喜んでた……と思う。にまにましてたから(笑)……んだけど、まぁ仕上がりは普通で(笑)あれぇ?前回のイイ感じはどうしちゃったの?みたいな。まぁ悪くはないし(ほとんど喋らない人なんで)居心地も悪くはないけど、うーん?という感じ。んーでもまぁこんなもんか、と思ったから通い続けることにした。

その次の予約(秋)の際には「もう、指名はいらん!」と、意思を持って指名を外したんだけど、来店した途端に受付の女性から「今日も〇〇の指名でよろしいですか~?」って言われて断れなかったチキン。ていうか、指名でよろしいですか?って言われて「いりません」とか言えんよ!だから返事も「あーんー?あぁまぁどっちでも。つけなくてもいいです」って言ったんだけど「つけて宜しいですか?」って言われたので「あぁはぁ。まぁじゃあいいです、つけて」が2回続いたんだわ。

で、その「指名をつけてない」のに、店頭でつける事になった2回目が、去年の12月18日で、こんな事があった日(笑)だから急いでいたんだよ。朝の9時~13時まで品川。美容院の予約が14時。18時にはまた品川に戻ってなきゃいけなかったから、その事をネット予約の備考欄に書いておいたんだ。「急がせちゃって申し訳ないのですが16時半すぎの電車に乗りたいので、それに間に合うようにお願いします」と。カットのみで2時間半の余裕があれば迷惑はかけないだろう、と思ってね。

で、美容院に行ったらまたしても「〇〇に指名付けて宜しいですか?」って。「あぁまぁどっちでもいいです。別につけなくてもいいです、時間には間に合うようにお願いしたいです」「かしこまりました。指名をつけて、間に合うようにと伝えておきますね!」とニッコリ言われた。あぁ、つけるんだ……指名。

で、やって貰ったんですけど……結果、まぁ~普通!も~!またしても可もなく不可もなく、で普通なんだわ!時計をチロチロ確認しながら「16時15分くらいには終わらせますね!」と焦ってます感がたっぷり出てて。なんども私は、すみませんすみません、と謝ってた。でもなぁ……若いお兄ちゃんが暇そうにプラプラ歩いていたんだよ。私はネットで見て知っている。彼も歴7年の、ちゃんと美容師のはずだ。

私の担当者とは、ちょうどその日に歴の話になって、聞いてビックリしたんだけど、歴17年って言ってたぜ。で、独立もしてない、店長でもない。自分はこれが合ってるんです、てへっ。って言ってたけど(見た目は、芸能人の栗原類くんにそっくり、髪型も。栗原くんを+20歳した感じかな)そうなんですか~って感心して話を聞いていたけれども、終わった後に……てことは?と思って「初めて」指名料の値段を見て、吹いた。

えぇーーー!あの、プラプラ歩いてた兄ちゃんの倍かよ。

で、この出来かよ……と。

結局、その12月18日にカット(会計まで)終わったのは、宣言通り16:15でした。それって素晴らしい事なの?と思いきや、私は見ていたからなぁ。私と同時に他6人進行してたんだよ。あっち行ったり、こっち行ったり、めっちゃ走り回ってたよ。鏡越しに「おいおいー」と思って見てた。だったら、誰でもいいって私は言ってるんだから、プラプラ歩いてる兄ちゃんでいいじゃん……。

なので、1月最後にまた予約を入れたんだが……その時は力強く(笑)ネット予約の備考欄に「いつも店頭で女性の方に言われるのですが、当方、ネットでの指名のつけ方は存じてますので、指名をつける時には自分の意思でつけますので、よろしくお願いいたします」って書いておいたよ!どや!

結果、プラプラのお兄ちゃんがこないだは担当してくれて。しっかりとやってくれたので、満足したよ。でもその日、前の担当者もいたからさぁ……見てないふりして、こっちを見てるのが、めっちゃわかるからさぁ(うちらの業界でもある。涙)いたたまれないのも十分にわかるからさぁ……プラプラのお兄ちゃんに、一生懸命フォロー入れちゃったよ。技術がどうこうじゃないんです、前回は急いでるって言ったのに、希望していない指名をつけた事で、結果的に担当の方がてんてこ舞いになっちゃって、仕上がりがちょっと微妙に感じたのが理由なんです。だから指名をつける時には、自らの意思でつけたいって思ったので……すみません、感じ悪かったですよね(´・ω・`)💦

今度また暖かくなったら……行く(他の選択肢がないから)。

いま悩んでいるのは、プラプラ兄ちゃんに今後、指名つけてもいいかもって思っている私がいるってこと。傷つくよねぇ、栗原くん似の人。とほほ……だったら満足いくようにやってくれれば良かっただけなんだけど(涙)こっちが泣きたいわ。でも、栗原くん似の半分の指名料で、ちゃんと丁寧に一生懸命に期待通りにやってくれたから、プラプラ兄ちゃんにしたい。(3099文字)

気づいたら怒ってた

f:id:mochico-lover:20190217222411p:plain

私は「出身は何処?」と聞かれたら、ちょっと困る。住んでいるのは千葉だし、千葉に住んでいるのも20年以上になるし……一番長く住んでいるのは、間違いなく千葉。でも、赤ちゃんから小学2年生くらいまで住んでいたのは、福岡県で。小学校時代の春休み・夏休み・冬休みは全部、福岡に送られてたから(親が、私がいると自分らが鬱陶しいから、じーちゃん・ばーちゃん所に行っとけ!と追い出す感じw)何となく「出身」という意味合いでは、九州って答えたい自分がいるんだけど、どうなんだろう?

そんな私なんですが、物心ついた頃からテレビに目をやるたびに流れていたCMがあって、思わず歌っちゃうんだよね。私、これ全国区CMだと思ってたんだけど、九州のみだと知った時のビックリ感たるや!

福岡の中心街、博多の駅前、そこの一番目立つところにどーーーーん!とあるのは、眼鏡屋(笑)デパートとかじゃなく。すごいよね!その眼鏡屋のCMソングなんだ。

♪ アイラブラブ愛眼 目とメガネとコンタクト 愛眼ビルは瞳のデパート

これが、福岡だけだと知った時のビックリ感ったら!(いま、念のため調べてみたら少し変わっているそうですな。もう福岡に行ってないので知らなかったけど)でも、関東にも「眼鏡の愛眼」ってあるんだよね。でも、福岡天神の愛眼とは違うらしくて。なんか「全国区の愛眼」と「天神の愛眼」ごっちゃになるから、権利上の問題かねぇ?上記のCMソングに少し変更がなされた、とか。私は関東にいるけれども(全然関係のない)眼鏡の愛眼を見掛けると、懐かしく福岡を思い出すもんなぁ。そういう、ご当地CMソングっていろんな所であるんやろうなぁ~。

最後に九州に行ったのは、4年くらい前。休みが1日しか取れなかったので、亡くなったおばあちゃんの供養に行くために、日帰り弾丸で行った。もう行くことはないと思う、昔住んでたあの場所に。旅行とかの行き先になるなら別だけど。

最愛のおじいちゃん・おばあちゃんとはその4年前に最後の別れをして、それにて九州の親戚とは縁を切った。私の心の中に、おじいちゃんとおばあちゃんはいつでも居るから、それでいいのだ!

なんで、縁を切るとか物騒なことを言うかっていうと、今でも許すつもりはないんだけど、母方の兄夫婦(祖父母の長男夫婦ってこと)が、私の最愛のおばあちゃんの死を2年間、私に知らさずに放っておいたから。最期の別れに立ち会うことが叶わなかったんだ……。怒るの、当然じゃね?ついでに言うと、同じく九州に住んでいなかった祖父母の娘である私の母にも知らせてないからね、あの人ら。

おばあちゃんは、最後の方は老人ホームに入れられてたんだけど、そこ宛に私は亡くなった後も手紙を送り続けていた(知らなかったから)。たまには手紙じゃなくて、美味しいものでも送ろうと思って、ホームに電話を掛けた時に知らされて。それも亡くなったのは(電話を掛けた日から)2年前だと言う。ほんっとに!70歳にもなろうといういい大人が、なにをやってんだ?とキレたよね。ひっさびさにキレたわ。

言い訳を聞くと、忙しいと思ったから知らせなかったんだって。わざわざ九州まで来るのは遠いだろうから、気を使ったんだよ?と恩着せがましく言われた。バカじゃねーの?行くかどうかを決めるのは私だし、行かないわけないし!とボロボロ涙が止まらなかった。それを見て「おばあちゃんも、もちこの事を一番気にしていたからね」とか、また見当違いな慰めを言ってきたから、本当に、もう、喋るな!と思ったわ。完無視で、心で遺影に話しかけ最後の別れをした後、懐かしいあの家(建て替えてたけど)をさっさと退去し、お墓に行ってお参りして、帰ってきた。これでもうお終い!もう怒るの終わり!って決めたんだ。

決めたはずなのに、今日は何故か思い出して、思い出しギレ……しちゃったよーって思ったら、おばあちゃんの誕生日だった。HAPPYBIRTHDAY♡(1611文字)

悔し涙

f:id:mochico-lover:20190216224024p:plain

いま『テルマエ・ロマエ2』を地上波でやっているねぇ。何度も観ているんだけど面白くて全然筆が進まない~(笑)コミックも持ってるんだけど、秀作だよね。何度読んでも面白い!コミックは完結したけど、阿部ちゃん主演のテルマエ、3を作ってくれないかなー。

私と関わりのある従兄弟は1人。本当はもっと沢山いて、幼い頃に何度か会ったことがあるような気がするけど、全く覚えてないし、それっきり。だから関わりがあったのは1人だけ。5歳年上の従兄が、九州(宮崎)に住んでいる。その、おにいちゃん(従兄)は私の憧れだった。言葉少なで、落ち着いた大人だった。やんちゃな私の我が儘を困り顔で黙ってされるがまま、みたいな。

小さな頃に、父と母に「もちこ、クリスマスプレゼントなにがいい?」って言われた時に「おにいちゃん♡」と答えて困らせたくらい好きだった。困った親から「弟か妹じゃだめか?」って言われた記憶があるんだけど。いま考えると、生々しいな!「んー、やだ。おにいちゃんがいい!」「困ったなぁ。弟とか妹も可愛いぞ~!」「えーでも」「もちこのこと、おねえちゃん!って言って、ついて歩くんだぞ」「ついて歩くの?んーじゃあ、いいよ」みたいな流れがあった。ついて歩くって、カルガモじゃあるまいし(汗)そんなこんなで妹(はるちゃん)がこの世に生を受けたのは、もうちょい後(笑)

従兄に憧れたのには、いくつかの理由があった。

◆『こち亀』を全巻持っていた

◆『3年奇面組』『ハイスクール奇面組』も全巻持っていた

ファミコンを友達から借りて(従兄も持ってはいなかった)自分が勉強をしている間だけだったけど、私にも『スーパーマリオ』をやらせてくれた

◆自転車に乗っている姿に触発された

主に、この4つだね!5歳も年上だと、もうやっている事も全部「オトナ」だった。私にとって憧れの従兄だけど、一度だけ彼の涙を見たことがある。うえーんって泣いていたんじゃなくて、ぐっと涙をにじませていてビックリした。それは私が中学1年生の夏休みで。従兄は、洗濯物を握りしめて泣いていたんだ。

私が中1だから、高3だろうね。

握りしめていた洗濯物は、ジーンズだった。そして、膝のところにくま?みたいな可愛いアップリケが。これ、今ならわかる。彼が恐らくおこづかいで買ったダメージ・ジーンズを叔母ちゃんが「あらあら、破れちゃってるじゃない!」と親切心で、アップリケをつけたんだと思う。叔母ちゃん、裁縫得意だから。ちょちょいでそういうの、やっちゃうね。私も必要もないのに、レースふりふりのエプロンを着せてみたい!って突然作られたもん。台所に立ったことなぞないのに。

くま?らしきものに気づいた無口な従兄が、やるせなくて、くやしくて、切なくて思わず泣いちゃったんだと思う。で、その瞬間に私、たまたま同席してたって事だね。でも私に言ってもしょうがねーって思ったんだろう。相談はしてくれなかったなぁ。「あぁ……」とジーンズを握りしめ、ため息をついていただけ。そんな思い出。明日も笑顔でがんばりましょ~☆(1253文字)

愛・用・品

f:id:mochico-lover:20190215192451p:plain

今年の冬に愛用しているものが2つある。

1つはレッグウォーマー。これ、超おススメ。私は仕事で、お客様に健康アドバイス的なものをする立場なんですけど、よく言うんだよね。「首ってつくところをちゃんと温めてあげてくださいね!首と手首と足首!」この三か所は、すぐ下に血管が通っているから、ちゃんと温めてあげると血液の循環がしっかりできるから!と。そうは言いながらも今まで私は(自分自身)割と寒さに強いと思っていたので、自分では実行してなかったんだよね。でも、忍び寄る加齢には負けちゃって、この冬は「寒い」と感じたから、ついに買って装着してみたんだ!そしたら感動的に暖かくて、超びっくり!もう、あなたなしじゃ生きられない!くらい愛用してる(笑)

夜寝るときに、靴下を履いて寝ますか?これ実は、あんまりおススメしないのよ。なぜなら、確かに暖かいけど、ほてってくると靴下の中で足が蒸れてくるんだよね。蒸れた後はどうなるか?靴下の中で汗をかいて濡れてくる。すぐに拭ければいいけど、寝てるから拭かないよね。てことは、その汗が(冷たく)乾いて足を冷やす……から良くないのよ。

でもこの靴下を、レッグウォーマーに変えるならば話は別。おすすめするよ。足先が裸足状態だから汗をかいても、水滴にならないでちゃんと蒸発するから、問題なし。靴下を履かないと寒くて眠れないよ~!って方は是非、レッグウォーマーに変えてみてくださいませ☆

 ていうか、楽天のタグを貼り付けてみたけど、100円ショップのでもいいと思う。あったかけりゃなんでもいい。私は300円で買った気がする。ちゃんといいものを買った方がいいヤツと、手に入れば何でも問題ないヤツっていうのがあるならば、これは後者。質は問わない。

2つ目、これは物じゃないんだけど。この冬、快適さに目覚めた。お風呂に入るのに重要なのは、お湯の温度よりも浴室の温度なんだなぁと。浴室暖房をフルに使うようになったら、すっごい快適な事に気づいたのよ(笑)いまさら。

今までは、ぶるぶる震えながら、熱いお湯を少しずつかけ湯して、それじゃ全然足りないからシャワーも使って。髪の毛を洗い、顔を洗って、身体を洗って、ようやく湯船に入るも……肩から上が出てるから、全然温まらなくて「お風呂に入るの、寒いからやだなー」って思ってた。でも浴室暖房を使ったら、湯船の外があったかいから、超しあわせ♡なんか、もったいながって使わなかったのがバカみたい!って思ってる。

ヒートショックという言葉があるんだが、この浴室(或いは脱衣所)と湯船の温度差で心臓に負担がかかりやすくなる(血圧が上下に急激に変動する)のは、本当に命に関わったりもするので、特におじいちゃんとかおばあちゃんは、私の感覚みたく「もったいない」警報が発令して、自分のために温めたりとかはしないもんだから、周りが気をつけてやって欲しい。おじいちゃんじゃないハズだけど、うちのダンナさんも「もったいない」信者なんだよね~。浴室自体を温めるようになってから、湯船の温度を今までは45度設定とか、どこの江戸っ子だよ!くらいの高温だった(私の好み)んだけど、別に42度で十分 (^▽^) になったよ。……そ、それでも高い、か?まぁお湯の温度が高くなくても満足するようになったから、結果「節約」出来てんじゃね?と満足げな今日この頃。今日もこれから、お風呂に入るのだ♡

最後に、唐突だけどおススメのコミック(笑)冬場になると、いつも思い出す。7巻完結で、どの巻に収録されていたかは忘れちゃった(おススメするものの、いま私は手元に持っていないw)けど、私の好きなシュールさ。

× -ペケ- 全7巻完結 [マーケットプレイスセット]

このマンガ(4コマ漫画)でね、引っ越したばかりでワクワクしながら、新居のトイレに入って「さーて、どんな家具を買おうかなぁ~!」と座った途端に、便座の冷たさに「んひょーーーーー」となって、真顔で「なにをおいても便座カバー。なにをおいても便座カバー」と呪文のように唱える回があるのよね。先日、切羽詰まっちゃって、駅のトイレに行かざる得なかった時に「んひょー!」を久しぶりに体験して(ほらだって、最近のトイレは大抵あたたかいから。自分家も職場もあたたかいもん)ペケを思い出した。ほかにも、駅の看板の「おこと教室」が「おとこ教室」にしか見えないとか、もう本当にペケは、私のツボ。また欲しくなっちゃったな~!(1825文字)

君の名は。

f:id:mochico-lover:20190214020101j:plain

人間、身体もそうだけど「健康」でいるためには「ココロ」がちゃんと穏やかで安らいでいるかい?っていうのは、非常に大事なことで。そういう私は、健康産業の片隅で働いているんですけれどもね。お客様に日々、健康とはなんぞや?てな事を、一生懸命お伝えしていますね、はい。

健康産業で働いている以上、やっぱり自分が心身ともに健康でないと、人に偉そうに何を講釈垂れてんのよ?って話にもなりますね。でもやっぱり、健康を維持するのって今の世の中、難しいよねー。がんばってはいますけどね。

でもって、うちらの仕事をやる(やりたいと思う)人ってのは、やっぱり優しい人が多くて。なので、全力で頑張りすぎてココロを壊す人もいるわけです。壊す前に去る、という決断をする人も多く……正直、万年人手不足。そして、うちらの仕事はAIにとって代わられることはないと思う。思われる(笑)技術職だからな。そんな私は、セラピスト。

このブログでは、面白おかしい事は当然たっくさん書いていきたいと思っているんだけど、お仕事(健康)のことも、時には真面目に書いちゃったりもすると思うの。最近このブログを始めて、見てくださる方もちょいちょいといらっしゃって、励みになると同時に「がんばらねばー」みたいな変な気負いも感じちゃって、ちょっと寝不足気味だった。

うん、まずは訪問してくださって、本当にありがとうございます。毎日更新は、やっぱ難しいわ。誰にも頼まれてないのに、一週間がんばっちゃった(笑)今後は、マイペースで記事の精度を上げて、たのしくて、書きたいものだけを書いていきたいと思います。ちょっぴり「くすっ」と笑える記事を書ければ御の字だねー。

そんなこんなで、今日のTOP写真は可愛いくまさん♡

この子は、私の宝物なんですけれども。私の精神安定剤。この子がいるから、心穏やかに頑張れる。もうかれこれ、20年近くの付き合いになるかな。私の酸いも甘いも知っている。私の血と汗と涙の結晶……ってちょっと言ってみたかっただけ。なるべく汚さないように気を付けてきたつもりだけど、やっぱり手垢で毛はボサボサ。首もくたんくたん。でも、だからといって、クリーニングとかぬいぐるみ病院とか……自分の手元から1日だって離す勇気?はない。ずーっと一緒。でもって、誰にも見せられない姿だけど、赤ちゃん言葉でこの熊、喋る設定(笑)←それは当然私が!あはは。

名前は『ぷんぷん』(以後、お見知りおきを)

ぷんぷん、本当はブランド熊で『ビーニーBABYS』という手作りシリーズ。ビーニーは熊だけでなく、あらゆる動物がいるんだけれども……私は、熊しか受け付けない。本当は、ぷんぷんを筆頭に……11頭+ちっちゃいの2つ=計13人が、寝室に鎮座しているんだ。んと、もう増えない。増えない予定!11人いれば、サッカーできるから、もう終わり!って決めた。(その後、プレゼントで小っちゃいの2つは貰った)ぷんぷんの本名は、バレンティーナ。誕生日は2月14日生まれ。バレンタインに生まれた設定なので、バレンティーナちゃん。でも、そういう設定まる無視で、ぷんぷん。でも今日は、せっかく2月14日だから、ぷんぷんの事を書こう!と思って、ブログ更新をした。今日は、ちょっと仕事で疲れる事があったけど、ぷんぷんがいるから、今日も私は元気です。

(特に)大人の女性は、こういう存在を作るのをおススメしたい。日々がんばっているココロの鎧を脱ぎ捨てる場所っていうのが必要。とびっきり甘々な自分を出せる場所、ね。でもって願わくば、パートナーになる人には、その存在を愛でる女性を含めて受け入れて欲しいよね。外に七人の敵がいるのは、男だけじゃないんだよ~ってこと。明日も笑顔でガンバロー(*^▽^*)ハッピーバレンタイン♡(1626文字)

男は敷居を跨げば七人の敵あり:男は敷居を跨げば七人の敵ありとは、男が社会で活動するときは、いつも多くの競争相手や敵がいて、いろいろと苦労があるというたとえ。

数年越しの仲直り

f:id:mochico-lover:20190211235443p:plain

私には、可愛い可愛い妹がいる。

8歳離れた妹だ。すんげー可愛いんだぞ!

今日、本当に久しぶりに(2~3年レベル)LINEでやり取りをした。なんで久しぶりのやり取りになっちゃったか?喧嘩してたから(笑)もうね、家を出るとね、仲直り?がこれっくらい先になっちゃったりするから、世の兄弟たちは気を付けた方がいいよ。しかも喧嘩をしてから、お互いにずっとプンプンしてたわけじゃなくて、なんか数年前に「うわ~っ!」とやり取りをして(その時もLINEね)私の方が8歳も年上ですから、まぁ結局のところ論破してやり込めちゃうんだよね。そしたらあいつ、その先のLINEが一向に既読にならなかったんだよ。あ、こら!くそ!こりゃブロックしたな。そんなら知らない!もう、はるちゃんなんて知らないもんね!って、私もへそを曲げてトークの欄から、はるちゃん(妹)との会話を完全消去して、プリプリ怒りながら寝たんだよ。

私は、ひと晩寝たら怒ってたことは忘れるタイプ。きれいさーっぱり!と水に流しちゃう。でもって毎晩、波乱万丈な夢を見るので、大抵は起きてすぐは「いま、なんの夢見てたっけー?」と見てた夢を思い出すのに忙しくて(あやふやにしか思い出せないんだけどね、基本的には)前日の怒りとかは残らないんです。それがわかってるから、夫婦喧嘩をした時も「宵越し」にならないように、気を付けているよ。

で、はるちゃんと喧嘩してたことを忘れて数年。LINEに会話も残してなかったから、本当に何に怒っていたか忘れていたんだけれども。先日、久しぶりに父と会食をして。おいしい夕飯をごちそうになりました。その時に言われたんだよね。「もちこ(姉・私)はさぁ、最近全然はる(妹)と連絡取ってないらしいな?……いやっ、いいんだよ。姉妹だからな!何かあったらお互い助け合うことは、おとうさんわかってる!わかってるんだけど、なんか……連絡取ってやったりはできないのか?もちこ、おまえ姉だろ?あいつもいろいろと大変なんだよ。大人になれよ。許してやれよ」と。

一緒にご飯を食べてたダンナさんも、その父の発言を受けて、一緒になって「そうだよ、もっちゃん。なに、妹さんと喧嘩してるの?もっちゃんから連絡してあげなよ!許してあげなよ!いいじゃんいいじゃん」と言う。……あぁ?おお?はるちゃんか。あぁ、あいつ元気かなぁ?そうか、そういえば東京に戻ってくる(就職したときに、最初の赴任地が大阪で、暫く大阪に住んでいた)ってそういえば言ってたなぁ、そっか戻ってきたって事か。

全然、怒ってなんかいなかった。

そう、怒ってなかったのに、お酒の入った男性陣(父と夫)ふたりから、背中や肩をバンバンと叩かれ「許してやれ、許してやれ」と何度も何度も言われ、逆にちょっとイラっとしたへそ曲がりのもちこです(笑)わかった、わかった!と言いながら、また半月ぐらい忘れてた。あはは!

昨日、たまたまLINEのトーク画面・ともだち画面の整理(たまにやるの。古いトーク、やり取りしてない人とかの削除)してたら「はるちゃんがプロフィール画面を変更したよ」ってお知らせマークが付いていてね。あぁ、はるちゃんか。そういえば連絡してないな……と思って。数年ぶりにLINEしてみた。

(くねくね踊ってるスタンプ)久しぶり~。

まだブロックしてんのか?(笑う犬スタンプ)

届くと思ってなかったから(あいつもブロックしたまま忘れてるんだと思ってたんだよね)今日、返信が来てビックリしたよ。はるちゃんからの返信によると、ずーーーーーっと数年間、私からのLINEメッセージ(喧嘩した時のヤツ)未読状態にしていたそうだ。ブロックしてたわけじゃなかったらしい。ごめんね、って可愛いスタンプがしょんぼり返ってきた。ん、数年越しの仲直り完了(笑)おとうさんも安心だね!

で、その時の喧嘩の内容がなんだったか?それはね、私がダンナさんと結婚したから、今さらイイ歳なんで式は挙げないけど、君たちには遠くて申し訳ないけど、一度お互いのファミリーで会ってご飯でも食べましょうよ!と私が頼んだんだ、大阪に住んでいる妹と母に。そしたら、ねえちゃんは東京に来いって簡単に言うけど、いくらかかると思ってんの!ってキレてきたからさぁ(笑)いやいや、まずは「おめでとう」でいいんじゃねーのか?と。しかも、妹と母2人で1泊10万円以上かかるんだよ!って返信で着たから、待て待て!と。大阪から東京だったら、日帰りで行けるだろ?と。まぁ、会食を夜にするなら1泊だろうけど、別にウチに泊まってもいいし、そんなに高くねーだろ?と。この新幹線に乗っておいでよ、10万なんてかからないよ~!って、情報を送ったら、ぱったりと既読が付かなくなったんだ。

そんなもんだ、兄弟喧嘩なんて。(1949文字)

つかいみち

f:id:mochico-lover:20190211012133p:plain

昨日は、バレンタインの事を書きました。

mochico-lover.hatenadiary.jp

手作りチョコを、てづくれなかった……というような事を書いたんですけど、私のお料理デビューって(家庭科の授業以外で)いつだったかなぁ、と懐かしく考えてみた。何を作ったか、は鮮明に覚えている。料理と言っても、私は厳しいおかあちゃんから「あんたは、私(母)が居ない時には、包丁も火も使っちゃダメよ!そそっかしいんだから!」と力強く言い含められていたので、大人しく言う事を聞いていた。うちのおかあちゃんは、1口答えしたら、100返ってくるタイプ。面倒くさいから、取りあえず言う事を聞いておくっていうのは、これはもう生活の知恵。

母が居ない時……っていうのは、しょっちゅうだった。共働きだったから。私は幼いころから鍵っ子だった。初・料理レシピを教えてくれたのは「さとみちゃん」だったんだけど、何処での話だったかな(笑)何年生だったかな(笑)私は、小学校を(確か)6回転校してるんだわ。だから、関わったヒトを覚えていても「どこの」が全然出てこない事が多い(笑)まぁ、それはさておき。

私はいつもお腹を空かせていた。

お小遣いは貰っていたよ。小学校3年生くらいからお小遣いを貰うようになったんだけど。その時の金額は、1週間300円。お小遣い帳を必ずつける、と父と約束し、貰うようになったっけね。

小学5年生になった時に、1か月3000円にベースアップした。でも、私の貰い方はセコかった。聞かれたんだよ、おとうちゃんに。「もちこ、1日100円ずつ貰うのと、1か月3000円貰うのは、どっちがいい?」って。選んだのは目先の100円。

家に買い置きのおやつなんてないので、腹を空かしたもちこは、毎日100円で買い食いをして、お小遣いが残っていたためしがない。(懐かしいね、消費税なんてない頃だよ)好きなものを買うためのお小遣いじゃなくて、小腹を満たすためのお金……でしかなかった。その100円の使い方も、添加物たっぷりの駄菓子とかジュースとかに毎日消えてた。よく買っていたのは、駄菓子屋さんで30円の凍ったすもも。あとは自販機で『メローイエロー』を買った事も結構あった。10円の酢だこさん太郎を10枚もよくやった!あとは、よっちゃんイカもよく買ったなぁ!懐かしい!(酸っぱいもんばっかりw)

こんなことばっかりしていたから、みんなが欲しいものを手に入れている時に、私は何も持っていなかった。「ちっともお小遣いが貯まらないんだよ……」というような事をさとみちゃんに相談したら、火も包丁も使わないでお菓子を買わずに済む方法っていうのを一緒に考えてくれたの。家に遊びに来てもらって、冷蔵庫を開けて(内緒だよ)見つけたのは、食パンと生卵とマヨネーズ。この3点は、いつも常備していたし、少しくらい減ってもバレやしないさ!

①食パンの周りを1周するようにマヨネーズで四角を作る

②囲ったマヨネーズの中に、生卵を落とす(白身は半分捨てる感じで)

③トースターで、目玉焼きが出来るくらい焼く

こんなに簡単で、こんなに美味しくて!と私はとても感動したね。さとみちゃん、ありがとうだよ。毎日、毎日、なにかのひとつ覚えみたいにこれを食べるようになった。食パンを焼くとか考えもしなかったし、卵を割るという作業がすごい料理っぽくて感動した。いまでもたまに作って食べるんだけど、美味しいよね( *´艸`)

母は、私がこれをやるようになった事に気づいたのか気づいてないのかはわからなかったけど放置されてたので、すこーしずつだけど、お小遣いが貯まるようになったんだ!溜めたお小遣いで買ったものは『りぼん』(雑誌)を毎月と、あとはファンシーな文房具、一時期サンリオの新聞を買ってた事もあったなぁ!なーんてことを懐かしく思い出した寒い夜なのでした。明日も雪が降るかもしれないとか言ってるね。さむい、さむい……(1612文字)